見学会について

四十九日までのスケジュール

隣近所やお手伝い下さった方への挨拶

挨拶回りは、なるべく喪主や喪主に準ずる人が御葬儀の翌日か翌々日までに済ませます。葬儀委員長や町内会長、勤務先にはできるだけ早くお伺いします。

香典帳・供花供物の整理

香典帳は記帳順になっているので金額別に整理をします。供花・供物等を頂いた方の住所・氏名を記名しておくとお返しの準備に役立ちます。

僧侶への挨拶

お寺を訪問し、丁寧にお礼を述べ、お布施をお渡ししていない場合は、この時に渡しましょう。法要の打ち合わせもこの時行うとよいでしょう。

支払い・借り物の返却

病院の支払い、お店の支払い、御葬儀代の支払いを済ませましょう。御葬儀費用は相続税の控除対象となります。領収書は保管しておきましょう。

初七日法要

死亡した日から数えて七日目、法要を営みます。ただし御葬儀の時に行っている場合はありません。(お寺様によってはお経を上げに来てもらえるケースもあります)

挨拶状の作成、香典返しの準備

香典返しの時期は三七日(三週間)をめどに挨拶回りを兼ねて配ったり、郵送します。品物は日常よく使う品物がいいでしょう。
当社ですべて手配できます。お問い合わせください。

故人の勤務先の整理

退職金の有無・給与・社会保険・生命保険・社内預金の有無などを確認します。

各種保険の手続き

健康保険・労災保険・生命保険・国民年金・簡易保険などの手続きをします。

仏壇の準備

忌明けまでに、塗り位牌を準備します。仏壇はできれば四十九日までに購入し、開眼供養を併せて営みます。
当社では仏壇・仏具各種取り揃えてあります。お問い合わせください。

遺品整理、形見分け

生前使っていた物品を整理して形見分けする品物を選びます。原則として親族で。仕事関係の書類や帳簿は税金の関係も考慮し5年間は保存します。

忌明け法要準備

日時を僧侶・親族に相談し決定します。案内状か電話で招待客に連絡をします。料理・礼品の手配をします。僧侶の人数・送迎の打ち合わせ・お布施を準備します。
当社では法要も承っております。

四十九日忌明け法要

四十九日は、「満中陰」とも言われ、この日を以て忌明けとなります。故人を偲び、四十九日の法要を営むことができたことを、親族の方に、感謝を込めて伝えます。

関連コンテンツ

→ 事前打ち合わせについて
→ 規模について
→ 祭壇・送迎バスについて
→ 宗派について
→ 湯灌・納棺の儀について
→ 御葬儀後について四十九日までのスケジュール



互助会について