見学会について

湯灌・納棺の儀について

この世の汚れ一切を洗い清めて仏の道へと送り出す大事な儀式。故人への思いやりと慈悲の心をもって、しめやかに取り行われます。(神道・キリスト教の方々にも対応できます。)



湯灌(ゆかん)の儀について
訪問 湯灌用特殊車両が玄関へ到着します。
納棺師2名がお伺いします。
 
準備 清浄漕を室内へ搬入。
衣服を脱がせやすくするために硬直をときます。
ご遺体がやわらかくなった後、口元を元に戻させていただきます。
準備
移動 お肌をみせることなくバスタオルをかけたご遺体を納棺師の手で清浄漕まで移動します。 移動
儀式開始 納棺師による儀式の口上。
ご家族の方々と心をひとつにし厳粛な湯灌の儀が始まります。
儀式開始
お清め水 ご家族の方々に交替で足元から胸元にかけてお清めの水をかけていただきます。 お清め水
ボディシャンプー 左足から右足へと逆さの作法に従って全身をシャワーを使用して洗い清めます。 ボディシャンプー
洗顔・洗髪・顔剃り シャンプーを使って髪を洗い、顔剃りをすませ、やさしく顔を拭き、ドライヤーを使用します。 洗顔・洗髪・顔剃り
身づくろい 全身を洗い清めたご遺体を床に移し、白装束(故人の好きだった服)に着替えていただき、髪をセットし、化粧を施します。 身づくろい
納棺の儀へ つつがなく湯灌の儀が終了します。
湯灌に使用したお湯は全て車両内の排水タンクへ引き込みいたします。
湯灌の儀が終わりましたら納棺の儀へ移ります。
故人をお柩に納め、髪、お顔、お体を整えお布団をかけてお顔のまわりを綿布で飾り付けをします。
最後にお柩に納棺して終了となります。
 

関連コンテンツ



互助会について