見学会について

宗派について

仏式

仏教には多くの宗派がございますが、ここでは代表的な9つの宗派について説明させて頂きます。

代表的な仏教の作法

  • 浄土真宗本願寺派
    本山 西本願寺
    開祖 親鸞聖人
    本尊 阿弥陀如来
    唱名 南無阿弥陀仏
    作法 香をいただかず1回だけ焼香する
  • 真宗大谷派
    本山 東本願寺
    開祖 親鸞聖人
    本尊 阿弥陀如来
    唱名 南無阿弥陀仏
    作法 香をいただかず2回だけ焼香する
  • 浄土宗
    本山 知恩院
    開祖 法然上人
    本尊 阿弥陀如来
    唱名 南無阿弥陀仏
    作法 香をいただき3回焼香する
  • 天台宗
    本山 延暦寺
    開祖 最澄
    本尊 基本的に阿弥陀如来
    唱名 南無阿弥陀仏
    作法 香をいただき回数にこだわらりなく焼香する
  • 日蓮宗
    本山 久遠寺
    開祖 日蓮聖人
    本尊 曼荼羅
    唱名 南無妙法蓮華経
    作法 香をいただき3回焼香する
  • 曹洞宗
    本山 永平寺
    開祖 道元
    本尊 釈迦如来
    唱名 南無釈迦牟尼仏
    作法 香をいただき回数にこだわりなく焼香する
  • 臨済宗
    本山 妙心寺
    開祖 栄西
    本尊 釈迦如来
    唱名 南無釈迦牟尼仏
    作法 香をいただき回数にこだわりなく焼香する
  • 黄檗宗
    本山 萬福寺
    開祖 隠元
    本尊 釈迦如来
    唱名 南無釈迦牟尼仏
    作法 香をいただき回数にこだわりなく焼香する
  • 真言宗
    本山 金剛峰寺
    開祖 弘法大師
    本尊 大日如来
    唱名 南無大師遍照金剛
    作法 香をいただき3回焼香する

香典袋の表書き

仏式で宗派に関係なく使えるのは以下の3つです。


49日を過ぎた後の香典は「御仏前」と書きます。

神式

神式には多くの宗派がございますが、ここでは代表的な4つの宗派について説明させていただきます。

 

代表的な神社神道の作法

  1. 玉串は、葉先が左、根元が右になるような形で渡されるので、葉のほうをやや高めに左手で下から受ける、右手で上から茎をつかむようにもちます。
  2. 神前に向かって進み、玉串案の前で止まります。
  3. 葉先が向こうに、根元が手前になるように右回りに回しながら左手を根元まで下げ、右手を葉先のほうに持ち替えたら、さらに180度右回りに回し、根元が神前に向くようにして玉串案の上に供えます。
  4. 二、三歩後に下がり、二礼、二拍手、一礼します。

香典袋の表書き

キリスト教

キリスト教には多くの宗派がございますがここでは代表的な2つの宗派について説明させていただきます。

代表的なキリスト教の作法

  1. 花を右手に受け取り、祭壇前に進み一礼します。
  2. 献花台の前で、花を時計回りに右に回し、茎を祭壇に向け献花台の上に供え一礼します。

香典袋の表書き

関連コンテンツ

→ 事前打ち合わせについて
→ 規模について
→ 祭壇・送迎バスについて
→ 湯灌・納棺の儀について
→ 御葬儀後について
→ 四十九日までのスケジュール



互助会について