普段あまり履かない靴


冠婚葬祭用の黒い靴は滅多に履かず、しまっていることが多いようです。急な訃報で履いたものの、かかとがもろくなり、崩れている様子をよく見かけます。その方の歩いたあとに、靴のかかとが転々と・・・ほうきをもってついて歩きたくなることもあります。

長く使用していない靴を履くときには、事前に靴の裏をチェックすることをお勧めします。

日時: 2009年05月25日|カテゴリ:お世話係のこぼれ話