よく念珠を置き忘れたり、落とすことがあるので注意が必要です。また、お別れの時、柩に入れた別れ花の中に念珠を落としたようだと探すこともあります。

礼服はきちんと着ていても、肝心の念珠を持ってこられず、知人同士で1つの念珠をまわしながらお焼香する方もおられます。

日時: 2009年05月25日|カテゴリ:お世話係のこぼれ話


冠婚葬祭用の黒い靴は滅多に履かず、しまっていることが多いようです。急な訃報で履いたものの、かかとがもろくなり、崩れている様子をよく見かけます。その方の歩いたあとに、靴のかかとが転々と・・・ほうきをもってついて歩きたくなることもあります。

長く使用していない靴を履くときには、事前に靴の裏をチェックすることをお勧めします。

日時: 2009年05月25日|カテゴリ:お世話係のこぼれ話


服はブラックフォーマルで決めているのに、靴がサンダルやミュール、しかも素足の方も。最近若い方に限らず、年配の方にも見うけられます。

日時: 2009年05月25日|カテゴリ:お世話係のこぼれ話