精進落とし

(昔)
かつて遺族は、忌明けまで魚や肉類を断ち精進料理をとることを習わしにしていました。精進落としは忌明け後初めて精進料理以外の食事をとる事を意味していました。

(今)
火葬場から戻った後の初七日法要の際に、僧侶やお世話になった方々への労をねぎらう宴席にて、精進落としを行うケースが多くなっています。

日時: 2009年04月20日|カテゴリ:お葬式の今昔