三角頭巾

(昔)
亡くなられたら白装束を着せ、頭に三角巾をしていました。
また手甲、脚絆、さんよう袋を付けていました。

(今)
宗派によりますが、今も白装束に着せかえます。ただ頭にする三角巾はほとんどの方はされません。
最近では白装束ではなく故人が好きだった着物や背広に着替えさせてあげられる方もいらっしゃいます。

日時: 2009年05月25日|カテゴリ:お葬式の今昔