(昔)
亡くなった日を含め七日後に法要を行っていました。

(今)
遺族、親族の諸事情により、葬儀当日に初七日法要を行うケースが多くなっています。

日時: 2009年05月12日|カテゴリ:お葬式の今昔

(昔)
友引は字の如く友を引くと書きます。ご葬儀をすると友が連れて行かれるといわれ、友引の日に葬儀をすることは敬遠されていました。

(今)
やはり友引の日の葬儀を敬遠されている方は多いですが、仏教・神式・カトリック系では関係なく、本来の意味も違うため、気にされずにご葬儀を執り行う方もいらっしゃいます。

日時: 2009年05月12日|カテゴリ:お葬式の今昔

(昔)
かつて遺族は、忌明けまで魚や肉類を断ち精進料理をとることを習わしにしていました。精進落としは忌明け後初めて精進料理以外の食事をとる事を意味していました。

(今)
火葬場から戻った後の初七日法要の際に、僧侶やお世話になった方々への労をねぎらう宴席にて、精進落としを行うケースが多くなっています。

日時: 2009年04月20日|カテゴリ:お葬式の今昔