初七日からの七日ごとの中陰、百ヶ日、1周忌、三回忌を十仏事(十王信仰)と言い十王の審判を受ける時、遺族の追善供養の力により地獄に落ちるのを免れる為の法要。 七回忌、十三回忌、三十三回忌が加わり十三仏事となります。
近年では地域(お寺)によってですが、十七回忌、二十五回忌が加わり十五仏事として執り行われている地域(お寺)もあるようです。 他に二十三回忌、二十七回忌を加える方もおられます。三十三回忌または五十回忌をもって弔い上げをし仏壇の位牌を片付け祖先の霊としてお祀りします。

法要数え方(亡くなられた日を含む)
初七日(しょなぬか)7日目不動明王
(葬儀当日に行うことも多い)
二七日(ふたなぬか)14日目釈迦如来
三七日忌(みなぬか)21日目文殊(もんじゅ)菩薩
四七日(よなぬか)28日目普賢(ふげん)菩薩
五七日(いつなぬか)35日目地蔵菩薩
六七日(むなぬか)42日目弥勒菩薩
七七日(しちしちにち)49日目薬師如来
百か日99日目観世音菩薩
一周忌満1年目勢至(せいし)菩薩
三回忌満2年目阿弥陀如来
七回忌満6年目阿(あしゅく)如来
十三回忌満12年目金剛界大日如来
十七回忌満16年目胎蔵界大日如来
二十三回忌満22年目般若菩薩
二十五回忌満24年目愛染(あいぜん)明王
三十三回忌満32年目虚空蔵(こくぞう)菩薩
三十七回忌満36年目金剛薩(こんごうさった)
五十回忌満49年目愛染明王
百廻忌満99年目五秘密(金剛薩)

日時: 2009年06月22日|カテゴリ:お葬式辞典

(昔)
亡くなられたら白装束を着せ、頭に三角巾をしていました。
また手甲、脚絆、さんよう袋を付けていました。

(今)
宗派によりますが、今も白装束に着せかえます。ただ頭にする三角巾はほとんどの方はされません。
最近では白装束ではなく故人が好きだった着物や背広に着替えさせてあげられる方もいらっしゃいます。

日時: 2009年05月25日|カテゴリ:お葬式の今昔

(昔)
昔は埋葬の際に土葬をしていました。現在でも都道府県の墓地に関する規制で制限される事が多いですが、日本では1%が土葬されています。

(今)
衛生上の問題や火葬場の普及により、現在では99%が火葬されています。

日時: 2009年05月12日|カテゴリ:お葬式の今昔

«前のエントリー || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || 次のエントリー»